東京のバーチャルオフィスは費用をかけずにビジネスがしたい人の味方

ペン立てとデスク

法人化検討の際はバーチャルオフィスでリスクのない方法を

仕事中の男女

そろそろ自分の仕事を法人化したいと考えている個人事業主やフリーランスの人は、わざわざ会社用のオフィスを賃貸物件などで借りなくても東京都内で簡単にオフィスを用意することができます。
それはバーチャルオフィスを利用する方法であり、契約にも時間がかからないのですぐにオフィスを持つことが可能です。バーチャルオフィスは契約した住所をオフィス扱いすることができ、ビジネス上で必要なサービスも利用できます。オフィスに来た電話や郵便物は転送してもらうことができ、取引先の人と商談や会議をすることになった際にはバーチャルオフィスの会議室などを使わせてもらえます。
バーチャルオフィスは毎月の料金がとても安く数千円程度であり、部屋を実際に借りてオフィスを用意するよりもお金がかからないというメリットがあります。東京は家賃が高いので自宅以外にも物件を借りると、毎月の費用が高額となるのでバーチャルオフィスならばコストを抑えられます。
使用料金は地域によって大きな変動は特になく、東京でオシャレな街として人気の青山などでも数千円程度で住所を借りられます。法人化を考えている人は会社用の住所をバーチャルオフィスで借りて、リスクの少ない道を選びましょう。

仕事用の住所や電話番号が必要なときにはバーチャルオフィスが便利

起業をするにあたっては必ずしも事業の運営を行う場所として事務所を借りる必要はありません。個人事業主やごく小規模の会社の場合、自宅の一部を仕事用の場所として使用することも可能ですし、会議を行うようなときなどには一時的に利用ができる貸し会議室の利用をすればいいからです。
この方法では起業にあたっての貸事務所の保証金や月々の家賃といったコストを削減できるというメリットがありますが後々、困ったことが起こりうる可能性があります。たとえば、自宅の一部を仕事用の場所として使用した場合には当然のことながらビジネス用の電話番号と自宅の電話番号を共有することになるためビジネスとプライベートの区別をつけにくいというデメリットがあります。
そのような事態を避けるための方策としては東京のバーチャルオフィスの利用があります。東京のバーチャルオフィスでは仕事用の住所と電話番号のみを借りることになるため実際の作業の場所を持つわけではありませんが、その代わりとしてレンタルオフィスや貸事務所と比べてはるかに低価格で契約をすることができます。つまり、東京のバーチャルオフィスならば起業にあたっての初期投資を大幅に削減することができるのです。

ランニングコストを作戦するならバーチャルオフィスがおすすめ

もちろん、ある程度の事業規模を持ち従業員の数が一定数以上の会社であれば、円滑な事業の運営をしていくためにはその環境を整える意味でもしっかりとしたオフィスを借りることが重要になってきますが、個人事業主の方やまだ開業間もない企業の経営者の場合、東京に一般的な賃貸オフィスを借りてしまうのはやや早計な考えといっても過言ではありません。家賃の支払いや光熱費などの支払いに充てるために売上金の中からかなりの割合の金額を割かねばならないからです。
もしも、せっかく稼ぎ出した売り上げの中から固定費としてかなりの割合を割かねばならないとしたら、場合によっては当初の予定通りの売り上げを達成することができずに、そのことがきっかけとなって事業を継続していく気力を大きく削がれてしまうかもしれません。ただし、東京にはバーチャルオフィスと呼ばれる形態のオフィスもあり、バーチャルオフィスを契約すれば月々に支払わねばならない固定費を大幅に削減することも可能です。
バーチャルオフィスでは実際にそこで業務を行う機能は備わってはいませんが、東京の一等地の住所を会社の住所として使用できるほか、オプションで電話応対サービス等のサービスが利用できるというメリットがあります。

NEW POST

2018年11月09日
バーチャルオフィスで会議室の利用は可能?を更新しました。
2018年11月09日
都内の一等地の住所を自分の名刺に刷ることができるを更新しました。
2018年11月09日
バーチャルオフィスを利用する際の注意事項を更新しました。
2018年11月09日
バーチャルオフィスはどんな使い方ができるの?を更新しました。
TOP